にこにこネット
作家さん・アーティストさん・クリエーターさんをご紹介・応援します
姉妹サイト♪
クラフト縁 杜の奏 とてちてた やっち~ず ぽるる
新着記事
【にこにこネット】イベント情報はリニューアルしました
12/14(金)~12/26(水) 子供たちの描いた猫展9 同時開催 猫じまん写真展9
12/16(日)~12/26(水) TAISUKE Art Goods ! 衣笠泰介の楽しいアートグッズ展!
12/18(火)~12/24(月) shiori個展 『The Brilliant Epilogue』
12/8(土)~12/26(水) 神楽坂パルスギャラリー16周年企画展 『Once in a Blue Moon』
12/14(金)~12/25(火) GAAのクリスマスプレゼント 2012
12/12(水)~12/17(月) ねこ好きあつまれ~~!!!
12/16(日)~12/22(土) 贈り物展・クリスマス&お正月がお楽しみ
12/8(土)~12/24(月・祝) 旅猫雑貨店 其の十六 扉や「豆本と猫」展
12/13(木)~12/19(水) 本山すみ子ガラス展
12/12(水)~12/29(土) チョークアートシーズ 作品展 「FAVORITE」
12/1(土)~12/9(日) 太田健太郎 陶展 32億の孤独
12/2(日)~12/23(日) ギャラリー竹の子 12月の展示
12/4(火)~12/9(日) 久保田英津子 個展 こねこねこねこ
12/4(火)~12/9(日) 調子麻実 写真展 好奇心
12/7(金)~12/12(水) Quartet
11/30(金)~12/12(水) 麻利邑みみ 個展 「ひーりんぐ・10」
12/10(月)~12/16(日) 松野 章弘 展
12/11(火)~12/23(日) たまごの工房企画展 月と海と流転
12/11(火)~12/25(火) スズキコージのBENZA展 BENZAZUKING cohjizuking
コーナーのトップ
カテゴリ
001.LGG会員の展覧会
002.陶芸・陶器
003.木工・家具・インテリア
004.漆工芸・漆作品
005.彫刻・立体造形・人形
006.七宝・彫金・金属工芸
007.着・織・編・布・染
008.オブジェ・ガラス・蜻蛉玉
009.ジュエリー・アクセサリー
010.皮革
011.ニードルフェルト・羊毛
012.イラスト・絵画
013.グループ展
014.企画展
015.版画
016.ライブ・コンサート
017.写真・デザイン
018.切り絵
019.書道・デザイン
020.現代アート・ミクストメディア・インスタレーション
021.和風・伝統・日本文化
022.絵本・豆本・Tシャツ展
023.小物雑貨
024.自然・植物・フラワーアレンジメント
025.美術館での展覧会
026.複合アートイベント・フリマ
カテゴリ一覧
新着記事
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
バックナンバー一覧
当サイトについて
お問い合わせ

11/24(土)~12/1(土) 野嶋奈央子展 「その箱の外側の外側は内側…」
このエントリーを含むはてなブックマーク

Nojima_20121124_a Nojima_20121124_b

★展覧会名  野嶋奈央子展「その箱の外側の外側は内側…」

★開催日
2012年11月24日(土曜)~12月1日(土曜)
時間  13:00~19:00
休廊日 日曜日

★野嶋奈央子の個展会場で作品を見て、その鮮やかな色彩と形容し難いイメージの虜となったのは数年前のこと。そのイメージの魔術を解明すべきDOKAでの企画展開催を誘ってみた。野嶋の作品は赤やピンクなどの派手に見えるが品位を保つ色彩が画面に流れ出し、曖昧模糊とした形状は解読を拒むようにも見えるからだ。
 野嶋のブログには「私の作品は私小説ならぬ私絵画で心象風景みたいなもの。自分でも手に負えない〝無意識〟を制作しながら拾い集めて曖昧なまま形に残している作業」「作品に落とし込まないと消化できないものが自分の中に確実にある」と綴られている。
 野嶋の作品タイトルがこれまた軽妙洒脱で謎を孕んだ詩のようである。見る(読む)ものに「わかるかな私の気持ち」と問いかけながらも、「わかって堪るか私の気持ち」と諦めているようにも見える(読める)。野嶋の作品は、私小説ではあるとしても、同世代にとっては理解し合える時代の空気感や虚無感を代弁しているのではないだろうか。
 3.11以降、野嶋の作品にも影響が現れた。今回出品されている「その箱の外側の外側は内側」4点組も、その形状と作品数である解釈をされる方もいるであろう。しかし野嶋にとっては建造物や植物など日常生活で引っ掛かった拘りを作品に形象化しているに過ぎない。その自然な営為の清歌は、過ぎゆく日常生活を真摯に生きていく証として、見るものの魂を震わせるに違いない。
五十嵐 卓 (美術評論家、損保ジャパン東郷青児美術館キュレーター)

★野嶋 奈央子
北海道生まれ。
2002
多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。
卒業制作で福沢一郎賞を受賞。
2002年以降
銀座や馬喰町で毎年個展を行う。
2005
『ふなばし現代美術交流展'05 物語が生まれるところ』(船橋市民ギャラリー)
2008
『「すうぷ」のために展』(馬喰町 ART+EAT)、他展示多数。
近年は、上海、ニューヨーク、ロサンゼルスなど、海外でのグループ展に参加。

http://naoko-nojima.com/

★開催場所
名前  DOKA Contemporary Arts 南青山「土火」現代美術
URL   http://www.dokart.com
住所  東京都港区南青山7-1-12
電話  03-3407-3477
交通  渋谷駅東口より 徒歩18分
表参道駅B1出口より青学会館経由、六本木通り 徒歩12分

2012-11月-21 トップ カテゴリ 前の記事 次の記事
このページのTOPへ
Copyright(C)1LDO All rights reserved.