にこにこネット
作家さん・アーティストさん・クリエーターさんをご紹介・応援します
姉妹サイト♪
クラフト縁 杜の奏 とてちてた やっち~ず ぽるる
新着記事
【にこにこネット】イベント情報はリニューアルしました
12/14(金)~12/26(水) 子供たちの描いた猫展9 同時開催 猫じまん写真展9
12/16(日)~12/26(水) TAISUKE Art Goods ! 衣笠泰介の楽しいアートグッズ展!
12/18(火)~12/24(月) shiori個展 『The Brilliant Epilogue』
12/8(土)~12/26(水) 神楽坂パルスギャラリー16周年企画展 『Once in a Blue Moon』
12/14(金)~12/25(火) GAAのクリスマスプレゼント 2012
12/12(水)~12/17(月) ねこ好きあつまれ~~!!!
12/16(日)~12/22(土) 贈り物展・クリスマス&お正月がお楽しみ
12/8(土)~12/24(月・祝) 旅猫雑貨店 其の十六 扉や「豆本と猫」展
12/13(木)~12/19(水) 本山すみ子ガラス展
12/12(水)~12/29(土) チョークアートシーズ 作品展 「FAVORITE」
12/1(土)~12/9(日) 太田健太郎 陶展 32億の孤独
12/2(日)~12/23(日) ギャラリー竹の子 12月の展示
12/4(火)~12/9(日) 久保田英津子 個展 こねこねこねこ
12/4(火)~12/9(日) 調子麻実 写真展 好奇心
12/7(金)~12/12(水) Quartet
11/30(金)~12/12(水) 麻利邑みみ 個展 「ひーりんぐ・10」
12/10(月)~12/16(日) 松野 章弘 展
12/11(火)~12/23(日) たまごの工房企画展 月と海と流転
12/11(火)~12/25(火) スズキコージのBENZA展 BENZAZUKING cohjizuking
コーナーのトップ
カテゴリ
001.LGG会員の展覧会
002.陶芸・陶器
003.木工・家具・インテリア
004.漆工芸・漆作品
005.彫刻・立体造形・人形
006.七宝・彫金・金属工芸
007.着・織・編・布・染
008.オブジェ・ガラス・蜻蛉玉
009.ジュエリー・アクセサリー
010.皮革
011.ニードルフェルト・羊毛
012.イラスト・絵画
013.グループ展
014.企画展
015.版画
016.ライブ・コンサート
017.写真・デザイン
018.切り絵
019.書道・デザイン
020.現代アート・ミクストメディア・インスタレーション
021.和風・伝統・日本文化
022.絵本・豆本・Tシャツ展
023.小物雑貨
024.自然・植物・フラワーアレンジメント
025.美術館での展覧会
026.複合アートイベント・フリマ
カテゴリ一覧
新着記事
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
バックナンバー一覧
当サイトについて
お問い合わせ

Step Book 「one-pieceあしでむ。」 11/13(金)~15(日)
このエントリーを含むはてなブックマーク

Onepiece01 Onepiece02

★展示会名
  Step Book 「one-pieceあしでむ。」


★開催期間
 2009年11月13日(金)14日(土)15日(日)
 12:00~20:00  最終日 19:00まで


★作品形態:7cmm×7cmmの物語を1ピースずつ壁面に設置し、
 歩いてよんでゆく「えほん」。

■本作品は、08年に同ギャラリーにて行われた
 exhibition「one-pieceあしでよむ。」及び、
 09年「女子美☆スタイル 女子美術大学学外選抜展」(Bank ART Studio NYK)
 に出品された「one-pieceあしでよむ。」を、再考、再版する試みです。
 今回はexhibitionという名称を取り払い、
 あらためて「本」という概念として「Step book」と呼称します。

■自己実現あるいは表現されることは、
 丁度幼児が「みられること」を報酬としているのと同様、
 他者のポジティブな働きかけによってのみ支えられています。
 それは例えば、ページをめくる、会場へ足を運ぶといった
 視る、聴く、歩くといった能動性です。
 ただし、幼児のごとき一方的な願望だけでは、関係性は成立しません。

 主に面として「作品」と対峙するとき、大半は”作者不在”です。
 作者は不在でありながらにして、いかに最大限に他者に対し
 ポジティブな関わり方をし得るでしょうか。
 それはひとつに、「如何にして他者の能動性を引き出し、それを信頼するか」
 という方法があげられます。
 「わたし」という小さな個人にとっては、自身もそれ以外に持ち得ないように
 ヒトの持つ最も基本的な能動性
 ――それは例えば、足を一歩前に踏み出すということ――を引き出し、
 それに支えてもらう事でしか、最も積極的に関わりあえる仕草がありませんし、
 それこそが「わたし」が能動的に一足を稼働させることだと考えます。
 それは、不在の作者が、いかに読者に次のページをめくらせるかということでしか
 最大限にポジティブに関係できない事とおんなし程に、はかないものです。

■固定された定点観測ではなく、
 「みる」行為と「面」という領域にに孕まれる「能動」の可能性。
 「step book」はヒトが通った軌跡という空間――生成してくる場としての「えほん」です。

 そして「場」は、一冊の本を読み終えたときと同様に、
 あるいはヒトとヒトが直接対峙している物理的時間は実際はほんのわずかなもので、
 いずれは不在の他者となるように、「余韻」となります。

■本作品はexhibithionという「まつり」ではなく、
 生活空間である街、商店街を あるく。
 そこにある小さな蜂蜜屋さんで
 ――ふと立ち寄った古書店で一冊の本と出合うように――、
 いずれ余韻となる他者としてただこう願うしぐさです。
 「どうぞ、たち読ってください。」
 
http://48699684.web.fc2.com/stepbook.htm

  ●福田末度加  http://48699684.web.fc2.com/


★開催場所
  吉野純粋蜂蜜店のギャラリー
  〒166-0002 杉並区高円寺北3-35-24
  電話 03-3337-8813

2009-9月- 3 トップ カテゴリ 前の記事 次の記事
このページのTOPへ
Copyright(C)1LDO All rights reserved.